Top >  雇用保険の手続き >  ハローワークでする失業保険の受給の手続き

ハローワークでする失業保険の受給の手続き

ハローワークでする雇用保険の手続きの続編です。

失業保険を受給するためには、住所地を管轄するハローワークで手続きを行う必要がります。

大分県のハローワークが管轄する区域は、前回のハローワークでする雇用保険の手続きを参考にしてください。

では、前回の続きで詳細版です。ハローワークで失業保険の手続きをするためには、下記のものが必要です。

  • 雇用保険被保険者証
  • 離職票
  • 身分証明書(運転免許証やパスポートなど)
  • 写真
  • 印鑑(認印で大丈夫です)
  • 預金通帳

以上のものを持って、管轄のハローワークに行ってください。書類を提出し、失業の認定を受ければ、約一週間後に、失業手当を受給することができるようになります。

ただし、失業手当をもらえないケースもあるので要注意です。

失業は、就職して仕事をする意志があるにもかかわらず、就職できない状態とことを言います。

つまり、バイトをしていると、失業手当を受給することはできません。最近では、不正受給の取締りが厳しくなっていますので、「ちょろっとバイトしちゃったよ・・・。どうしよう?」という場合は、正直にハローワークの窓口に行って相談してください。

また、 怪我や病気の治療中などで、働ける状態にない人も、失業手当を受給することはできません。失業手当が、働く意志があるにもかかわらず、就職することが出来ない人を助けるための制度だからです。

失業してしまって、再就職が思うようにできない場合は、忘れずに失業手当の受給の手続きをしてくださいね。


スポンサードリンク

         

雇用保険の手続き

失業してしまった方へ、ハローワークで行う雇用保険の手続き、失業給付の基本的なことを説明します。失業給付の受給で、知らないと損することもあります。じっくり、読んで再就職を有利に進めましょう。ちなみに、失業とは、就職したくて求職活動をしたけれども仕事が見つからない人のことを指します。バイトをしているだけで、失業手当は受給できないのでご注意ください。

関連エントリー

ハローワークでする雇用保険の手続き 会社が雇用保険に入っていなかったら ハローワークでする失業保険の受給の手続き 失業保険150%トコトン活用術 おいしい失業「スクール生活」マニュアル


スポンサードリンク
転職関連キーワード
  • seo